ヤマダ電機でのMacBook Air・ProとiPadの値引き・学割・下取りについて紹介!

MacBook MacBook

家電量販店大手のヤマダ電機でAppleのMacBook Air・ProやiPadが販売されていますが、Appleストアで購入するよりもお買い得なのでしょうか?

実際にヤマダ電機でもAppleストアでも買ったことがあるので、わかりやすく比較し、解説します!

ちなみにAmazonでもMacBook Proがお買い得です!


ヤマダ電機でのMacBook Air・ProとiPadの値引き?ポイントはもらえる?

ヤマダ電機ではMacBook Air・ProとiPadなどのApple製品が販売されていますが、基本的には値引きはされず定価販売されています。

これはAppleの方針であり、販売店との契約条件ですので、ヤマダ電機に限らず他の家電量販店でもインターネットショップでも同じです。

したがって、ヤマダ電機で買うと得するのはヤマダ電機のポイントを獲得できることです。ポイント付与率は、製品によって異なります。

MacBook Air・Proは5%、iPadは1%です。これはヤマダウェブコムのサイトなどを見ても確認できます。

ちなみにApple Watchは2%または3%です。

他の家電量販店でもおおよそ同じようにそれぞれのポイントが獲得できます。ポイントは、付与後に使いやすいことが重要です。

ヤマダ電機をよく利用する方ならば獲得したポイントを使いやすいので、1ポイント=1円分の価値としてしっかり使えるでしょう。

反対にヤマダ電機をあまり利用していない方にとっては、ポイント付与後にそれを何に使うのかをある程度想定しておかないとそのままになってしまうことがあるので注意が必要です。

普段、他の家電量販店をよく利用しているのであれば、そちらでApple製品を購入してポイントを獲得した方が有効利用しやすいでしょう。

ヤマダ電機でMacBook Air・ProとiPadが値引きされることもある

基本的には前述のようにApple製品は定価販売で、値引きされません。しかし、注意深く観察していると、あまり目立たないように限られた期間・限られた商品だけ値引きされることがあるようです。

あまり広告などで大々的に宣伝されないのですが、店舗に行くと「型落ち品」などがあまり目立たないように値引きされていることを目撃することがあります。いつもあるわけではなく、決算期末などの在庫処分で行われることがあるようです。

このようなやり方なので、店舗ごとの違いもありますし、いつ・どこで行われるのかすべて把握しきれませんし、必ずしも値引きセールの予定を事前に把握することもできません。

ちなみに別の家電量販店ですが、展示品が値引きされて販売しているのを目撃したこともあります。ヤマダ電機でも同様なことがあるのではないかと推測されます。

実際、Amazonのセールを見ても大きなセールに合わせて「型落ち品」が値引き販売されることが多いです。Amazonのセールでは、Apple WatchとiPadの「型落ち品」が多く、MacBookの値引きセールはほとんど見かけません。

Appleストアでも、初売りセールなど非常に限られた時期・限られた商品について値引きすることがあるわけで、非常に少ない機会ですが値引きすることがあります。

AppleとAmazonの間では販売についての契約が交わされ、Amazonが正式な販売店になっています。そのAmazonが前述のような「型落ち品」のセールを行っていますので、おそらくヤマダ電機でも同様なセールはAppleから許可されているのではないかと推測されます。

ヤマダ電機でMacBook Air・ProとiPadの学割は?

Apple製品といえば、学生や教職員は割引価格で買える制度が有名です。教職員ではない人にとっては「学割」として知られています。

そのため、ヤマダ電機でApple製品を買う時にも「学割」で買えるのではないかと期待する人も少なくないようですが、残念ながらこの制度はヤマダ電機での購入時には適用されません。

Appleストアから直接購入する時にのみ適用されます。

どの程度の割引率になるのかは、Appleストアのサイト内の「学生・教職員向けストア」を見ると確認できます。

2022/9/27時点のM2チップ搭載MacBook Airを1つだけ例として以下に記します。

構成:
8コアCPU
10コアGPU
8GBユニファイドメモリ
512GB SSDストレージ

これが一般向けの販売価格で208,800円(税込)ですが、「学生・教職員向けストア」では194,800円(税込)です。

つまり、約6.7%割引です。ヤマダ電機のポイント付与率5%と比べるとわずかですが、学割の方がお得です。

ただし、学割の適用を受けるためには手続きが必要で、その面倒さを考えるとこのぐらいの差ならばヤマダ電機の方が簡単で便利と感じる人もいるでしょう。支払いをクレジットカードにすれば、クレジットカードのポイントも獲得できますので。


MacBook Air・ProとiPadを下取りに出せる?

最近無視できないのは、買い替え時の古いMacBookまたはiPadの処分です。セキュリティの関係もあり、ある程度信頼できるところに引き渡して適正に処分する必要があります。

Appleとしてもリサイクルを重視しいますし、積極的に引き取ることで新たな買い替え需要を喚起したいという考えもあるようです。

そのためか、案外下取り価格が良いんです!

Appleストアの商品購入ページのところに下取りの案内があります。ここからシリアル番号を入力することで下取り価格を見積もってもらえます。最終的には製品を送付し、Apple側で調べた後に下取り価格が決定します。

これまでパソコン類の処分には費用がかかるというイメージがありましたので、下取りしてもらえるだけでかなり嬉しいですが、案外下取り価格が高いので、下取りに出せるMacBookやiPadがあるのであれば断然おすすめです!

特に購入後3年以内であればかなり高い印象があります。それ以降は試用期間が長くなるほど下がり、5年経過するとかなり下がるようです。

正確にはAppleのサイトで見積もってみればすぐにわかります。残念ながらシリアル番号を入力する必要があるので、自分が持っている製品以外はよくわかりません。

ヤマダ電機でも不要になった製品の買取サービスがあります。これは必ずしも何らかの商品を買う時に限定されず、単純に不用品の買取です。

オンラインで簡単な事前査定ができます。最終的には店舗に持ち込み、査定をして、買取金額が決定されます。買取が成立すればその場で現金で買い取ってもらえます。

Appleストアの下取りとどっちが条件が良いのかについては、両方ともオンラインで見積を取って比較すると良いでしょう。

ただし、動作に影響がない程度の軽微な傷であれば良いのですが、破損等が大きい場合は買い取ってもらえずに処分しなければならないこともあります。

ヤマダ電機ではパソコンの引き取り・回収サービスがありますので、そちらならば無料で引き取りしてもらった上に500ポイントもらえます。

このように考えると、MacBookやiPadは、完全に壊れるよりも前に、正常に動作する段階で下取りに出すのが良い方法のようですね。

AmazonでMacBookやiPadを買うのもお得!

前述のようにAmazonでもApple製品が販売されています。ヤマダ電機と同様に基本的に値引きはせず、ポイントが獲得できます。ポイントの付与率はほぼ同じようです。

したがって、Amazonで買うのもヤマダ電機と同様にお得です。ヤマダ電機と比べると、言うまでもなくAmazonは世界最大のインターネットショッピングサイトですので、獲得したポイントを使いやすいです。ヤマダ電機の店舗が近くにない方には、メリットが大きいのではないでしょうか?

特にAmazonは年に数回大きなセールを行い、iPadとApple Watchがセールの対象商品となることが多いです。MacBookがセールになっているのはあまり見た記憶がないです。

注意が必要なのは、AmazonにはマーケットプレイスというAmazon以外のショップがAmazonのサイトに出品できるシステムがあります。これはAmazon直販ではないので、Amazon直販とはいろいろな点で取り扱いが異なります。

さらに「整備済み品」や「中古品」もマーケットプレイスには出品されていますので、値段だけ見て新品と勘違いして購入してしまわないようによく確認しましょう。

Appleストアでお得に買うには楽天リーベイツ

Appleストアで購入する場合でも、楽天リーベイツを経由するだけで楽天ポイントを獲得することができます。

楽天リーベイツはいわゆるポイントサイトで、入会手続きをしたら単純に楽天リーベイツ内のAppleストアのリンクをクリックしてAppleストアに移動するだけで、Apple製品購入時に楽天ポイントがもらえる仕組みです。

基本的には1%のポイントですが、MacBookやiPadは高額なので、案外大きなポイントを獲得できますね!

ヤマダ電機のApple Watchの値引きについてこちらの記事で紹介しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました