Apple Watchの設定のおすすめ3選!格段に便利に使える!

Apple Watch Apple Watch

Apple Watchは、カッコよくて便利なスマートウォッチです。

そんなApple Watchがさらに便利になる設定を3つ紹介します!

Apple Watchのおすすめの設定

デジタルクラウンの向きを変える

Apple Watchには、画面横に回転や押下ができる「デジタルクラウン」があります。通常、左腕装着の場合はデジタルクラウンは右側にあります。

これは各画面で押すと文字盤やホーム画面が表示されたり、回転させるとスクロールすることができるものです。

また、このデジタルクラウンを長押しするとSiriを起動することもできます。しかし、この「長押しでSiriを起動」が実は少しストレスとなることがあります。

本を読んでいる時や机に手をついている時、腕組みをしたり筋トレで腕立て伏せをしている時など、手首を大きく曲げるとよく手がデジタルクラウンに当たり、知らぬ間にSiriが起動して「すいません、よくわかりません」と、大きな声で話出します。仕事中や電車内だと、なかなか恥ずかしいシーンです。

こんなことを避けるために便利なのがApple Watchそのものの向きを変えて、デジタルクラウンを左にもってくる(設定する)ということです。(左腕装着の場合)

方法はApple Watchの「設定」→「一般」→「向き」にて変更が可能です。こうすることで、無意識にSiriを起動してしまうことはなくなります!

株価の文字盤への表示

最近、株式投資、FXなどにチャレンジしている方も多くなっていますね。

株やFXをやりだすと、どうしても日中に「株価や為替レートが気になる!」という人が多いです。ただ、仕事中にスマホやPCで堂々と株価や為替をチェックするのはどうも気が引けるし、上司に怒られるかもしれませんよね?

そんな時、iPhoneにも初期で入っている「株価」アプリをApple Watchの画面上に表示させることで、時計を見るかのように株価をチェックできます。方法は文字盤の設定にてコンプリケーションで株価を表示させるだけです。

またアプリ名は「株価」ですが、為替レートもちゃんと設定をすれば表示することが可能です。例えば検索窓に「JPY=X」と入力すれば、「ドル円」の為替レートが確認できます。さらには最近話題の「ビットコイン」の情報なんかも、設定し表示が可能です。

スピード感が求められる投資の世界、時計を見る頻度で値動きを把握できるだけで、価格の流れや動きの把握に役立ちます!ただ、若干のタイムラグはあり、リアルタイムという感じではありませんが、上記のように流れの把握には役立ちます。

片手でApple Pay起動

Apple Watchを持っていると使いたいのがApple Pay。iPhoneを取り出さずに腕をかざすだけで決済できるものですが、通常このApple Payを起動する際、サイドボタンの2度押しによって起動させます。

しかし、右手にカバンなど、何気に荷物を持ちながらだったりするとサイドボタンの2度押しがしにくく、少し不便な時があります。

そんな時、設定の「Assistive Touch」を設定すれば、片手のジェスチャで操作、支払いの承認が可能です。

方法はApple Watchの「設定」→「アクセシビリティ」→「Assistive Touch」の順にタップします。そしてハンドジェスチャを設定すれば、例えば左手にApple Watchを装着している場合、左手を握ったり、人差し指と親指をくっつけるといったジェスチャにて、Apple Payを起動させることができます。

他にもこの設定機能は通知が表示された際のアクションとしても用いることもでき、アラームをスヌーズにしたり、タイマーを停止することも可能です。

以上がApple Watchのおすすめ設定3選です!

ちょっとした設定でさらに便利になりますので、早速カスタマイズしましょう!

Apple Watchのおすすめのアプリについてこちらの記事で紹介しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました