Apple Watchのアプリおすすめ9選!これは便利!

Apple Watch Apple Watch

Apple Watchに、後からダウンロード&インストールすべきアプリを9つご紹介します。Apple Watchには、最初からインストールされているApple純正のアプリも多数ありますが、それだけではもったいないですね。

サードパーティのアプリも活用すれば、日々の暮らしがアップデートするかも!?

Apple Watchにおすすめのアプリ

Yahoo天気

これはスマホにダウンロードされている方も多いのではないでしょうか?

直近の天気を確認したり「雨雲接近」通知を用いて、もうすぐ雨が降るといった情報をスマホで確認している人も多いです。

これをApple Watchにもダウンロードすることで何が便利になるかというと、「雨雲接近」や「気象警報」などの通知が Apple Watch上に届くということ。いちいちスマホを取り出すことなく確認ができ、見逃すことがありません。

通知の地点を「現在地」にするか「登録地点」にするかも、設定で変更ができますので、「登録地点」にしておけば、GPSを常に使用することはありませんので、電池減りの心配も少なくなります。

またApple Watch上でも、「雨雲レーダー」が使用できます。スマホに比べて画面が小さい分見にくいですが、サクッと確認する程度なら十分です。

Shazam

周囲の音楽を聞き取り、曲名やアーティスト情報が検索できるアプリです。ショッピング中やラジオから音楽が聞こえた時、「あれ?これ誰の歌だったっけ??」や「この曲ダウンロードしたい」なんてことはありませんか?

そんな時に Apple WatchでこのShazamを起動すれば、すぐに曲名とアーティスト情報がわかります。

昔からスマホ版アプリはありましたが、スマホを探したり取り出している最中に曲が終わってしまったりしたことがあり、結局曲名やアーティストがわからず仕舞いで悔やまれることもありました。

Apple Watchならば、サッと検索することで、逃すことなく曲名などの検索が可能です。何より腕時計でサラッと曲名が分かるだけで、お友達からは「何それっ❗️便利❗️」とのリアクション間違いなしでしょう。

もちろんApple Watchで検索した情報はスマホアプリとも連携し、あとからゆっくりスマホで楽曲情報を調べることにも役立ちます。

また「Spotify」とも連携しており、検索した曲をそのまま「Spotify」で聞くことができるので、便利です。

Nike Training

健康維持のためにジムや自宅でワークアウトをされる方も増えています。

YouTubeでもいろんなトレーニング動画やストレッチ動画がアップされていて、それを見ながらトレーニングをされている方も少なくありません。

しかし、YouTubeの動画でトレーニングをしていると、「どのぐらいやれば良いのかが分からない」、「どのメニューを組み合わせて行えば良いのかが分からない」といった悩みがあります。そんな時、このNike Trainingを使うことで、さまざまなメニューから自分にあった筋トレメニューが見つかります。

また、YouTubeではその動画に付けられている音楽を同時に聞くことになりますが、Nike Trainingでは好きな音楽を同時に聴きながら筋トレやストレッチに励むことができます。

スマホだけでもこのアプリは使用できますが、 Apple Watchにあると何が便利かというと、各ワークアウトメニューの開始と終了を、 Apple Watchの振動で教えてくれることが地味に便利です。

通常では筋トレやストレッチも、様々な方向を向いて行っていたり、好きな音楽を聴きながら取り組んでいると、ずっと自分で回数や時間を数える必要がありますが、Apple Watchが振動で教えてくれるので、そのトレーニングに集中でき、効果が高まります。

あとは単純に「Apple Watchをつけてトレーニングしてる自分かっけぇ❗️」といった自己満足にも浸れます❗️

そら案内

Yahoo天気と同じく、天気予報系のアプリですが、Yahoo天気と比べてどのような違いがあるかというと、天気情報をApple Watch上の「コンプリケーション」に追加、表示できるとった部分が違いとしてあります。

「コンプリケーション」とは文字盤上に任意のアプリ情報の一部を常時表示させるといった機能です。

「そら案内」をコンプリケーション表示させることで、文字盤上に常にお天気情報が表示されるので、わざわざスマホを取り出し、アプリを起動させるといったことなく、手軽に天気を確認できます。

また、コンプリケーションは表示させる位置がさまざま選べますが、そのコンプリケーションを表示させる位置によっては、降水確率や気温といった情報も同時に表示できるのでオススメです。

そしてもう一つ便利なのが、コンプリケーションで表示されているお天気マークをタップするとアプリが開かれ、以後3時間ごとの天気や気温などの情報を確認することも可能になる点です。

サクッとこれからの天気を確認したい時、Apple Watch上で今後の天気がわかるので、大変便利です。

防災速報(Yahoo)

こちらのアプリは名前の通り、災害関連の情報が速報として届くアプリです。このアプリのプッシュ通知をApple Watchに設定しておくことで、災害関連の情報をいち早く手元で確認することができます。

プッシュ通知できる情報の例としては、「地震情報」、「津波予報」、「豪雨予報」、「土砂災害」、「河川洪水」などがあります。

もちろんそれぞれ自身で受け取りたい情報、そうでない情報は設定できますし、また地震情報であれば震度はいくら以上の情報から受け取るのかや、豪雨予報であれば雨量何mm/h以上から受け取るのかも設定が可能です。

GPSの使用に関しては、現在地連動にするか、地域の設定を行い、その地点の情報を受け取るかの設定が可能なので、地域の設定にしておけば、常にGPSが働き電池が消耗するといった心配も軽減されます。

また設定地点も3地点まで登録可能なので、旅先なんかも設定しておくとなお便利ですね。

乗り換え案内

こちらのアプリも既にiphoneにダウンロードしている人も多いのではないでしょうか?

電車の乗り換えや時刻を調べる際に使用するこのアプリですが、一度調べた後、移動中に「乗る電車は何時何分だったっけ?」や、「どの駅で乗り換えだったっけ」など迷ったりした際に、またスマホを取り出して調べるといったことはありませんか?

この乗り換え案内をApple Watchにもダウンロードすることで、スマホで調べた経路や時刻を、Apple Watchとも共有することができます。

Apple Watchで確認できる情報はiphone上での情報とほぼ変わりはありませんので、共有することでスマホを取り出すことなく手元で時刻から乗り換え、また料金まで確認することができ、大変便利です。

またさらに便利なのは、共有する際に「乗降アラーム」を設定することができます。この設定を行うことで乗るべき時間、降りる時間の数分前にアラームで教えてくれる機能が使えます。

アラームの時間も任意で設定可能なので、自分に合ったタイミングで教えてもらえます。

アラーム設定しておけば、うっかり乗り過ごすことも無くなったり、電車に乗車中も読書やSNSに集中したり、あるいは仮眠も思い切ってできるかもしれません。

Duffy

在宅勤務、テレワークが増えて、通勤など外出する機会も減った人も多いのではないでしょうか?

コロナ禍で思うように運動できていないといった悩みもあるでしょう。そんな中、少しでも運動を日常生活に取り入れるべく、ウォーキングをされている人におすすめのアプリが「Duffy」です!

このDuffyはシンプルな歩数計アプリで、iPhoneにもアプリはありますが、それをApple Watchにもインストールするとなお便利です。

どのように便利かというと、Apple Watchの文字盤にコンプリケーションとして現在の歩数を表示できます。

文字盤に表示をしておくことで、手軽に今の歩数を知ることができるため、今日はもうちょっと歩こうかななど、モチベーションを上げてくれます!

また、1日の目標歩数もアプリで設定しておくことで、その目標達成時に通知でお知らせしてくれる機能もあります。

ポケモンGOやドラクエウォークなど、歩く系のゲームアプリを楽しみながら、歩数もウォッチして、健康意識を高める!なんてもこともできますよね!

scCalendar

とっさに○月○日の予定は?など聞かれた際、「その日って何曜日だっけ?」や、「その日って祝日?」などをさっと調べたいことって、案外あります。

その度にiPhoneでカレンダーアプリを立ち上げるのもすこし面倒です。そんな時、Apple Watch上でカレンダーを確認できると便利ですよね?

それを叶えてくれるアプリがこの「scCalenndar(スクロールカレンダー)」です。

非常にシンプルなただのカレンダーアプリなのですが、他のアプリとどこが異なるかというと、Apple Watch上でアプリアイコンをタップすると、月表示のカレンダーが表示されます。そのカレンダー上ではちゃんと祝日も表示されていて、また何の日かまで記載されています。

実はApple Watchで上記のように月表示してくれるアプリってすこし珍しい存在です。さらにしっかり祝日表示してくれるアプリとなるとなおさらレアです。

さらに、このアプリの名前の通り、スワイプやスクロールすることで、2ヶ月先のカレンダーまで見ることが可能です。また、コンプリケーションに表示設定することで、一目で和暦、西暦、曜日、日付がわかるのも地味に便利なポイントです。

Time Tree(タイムツリー)

タイムツリーは家族や友人、職場などでカレンダーを共有できるアプリ。共有のカレンダーにメンバーが予定を書き込めるので、スケジュールの把握に役立ちます。

例えば翌月の予定を立てる際、「プライベートでどんな予定があったかな?」と思い出せない時、家族が書き込んでいる予定をチェックすることで、一目でメンバー全員のスケジュールがわかります。

そんなカレンダー共有のアプリですが、これもApple Watchにもインストールしておくと、なお便利になります。

Apple Watchを使用する大きなメリットである「通知」が、ことタイムツリーでも利用できるんです!

iPhoneでタイムツリーの通知をONにしておくことで、予定の5分前や10分前などに、お知らせしてくれます。こうすることで、スケジュール忘れを防止することができます。

子供の習い事やお迎えなど、日々色んな仕事に追われながらあれもこれもと覚えておくだけでも、大変ですよね。スケジュールの通知を利用することで、そういったストレスから少しでも解放され、目の前の仕事に集中できるようになるかもしれません。

また、Apple Watchでタイムツリーアイコンをタップすれば、その日から5日間のスケジュールも、Apple Watchの画面上で確認できます。会議中など、iPhoneを取り出して予定を確認しにくい際に、とても便利です!

以上が Apple Watchおすすめアプリ9選です。如何だったでしょうか?

主にスマホアプリをApple Watch上に表示することで、格段に便利になるといった種類のアプリのご紹介でした。

他にもまだまだ便利アプリはありますので、自分のスマホに入っているアプリで、 Apple Watchでも使用できるアプリがないか、一度見てみるのもおすすめ致します。

Apple Watchは何年使えるのかについてこちらの記事で紹介しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました