Apple Watchで消費カロリーを精度良く計測!安静時消費カロリーとアクティブエネルギーとは!

ランニング Apple Watch

Apple Watchは、入力された個人情報に基づいて、毎日の運動量について、さまざまな測定値を算出します。ここで、気になるのが「Apple Watchによる消費カロリーの計測制度は高いの?」ということ。

以下に紹介します!

Apple Watchで消費カロリーを精度良く計測できる?どうやって?

そもそもApple Watchでなぜ消費カロリーを計測できるのでしょうか?

Apple Watch内部に高性能のセンサーとプロセッサーを搭載されていて、これらにより高度なデータの取得と処理ができるようになっています。その結果を素早くApple Watch上で表示できるわけです。

これは考えてみればすごいことです。以前ならば、個人の運動量を計測する道具といえば「万歩計(歩数計)」ぐらいしかありませんでした。

私も、Apple Watchが発売されるより数年前には、万歩計を愛用しました。これは単純なしくみで、万歩計に加わる振動から歩数をカウントしています。

そのため実際に歩いた時の歩数カウントだけでなく、椅子に座ったまま手で持って万歩計を振ってみてもカウントを増やせます。実際に歩く場合と、手だけ振ってカウントした場合では、消費カロリーが異なることは言うまでもありません。

つまり、Apple Watchでもこのような運動の違いをある程度判断できなければ、消費カロリーの計測誤差が大きくなり、精度が下がることが想像できます。Apple Watchでは、万歩計とは違って複数のセンサーを組み合わせて使用していますので、それだけでも精度が高いです。日常的に使用して消費カロリーを知りたい方には十分活用できる機能です。

*個人の健康管理等に使用するには十分なカロリーの計測精度がありますが、科学的な測定機器として高精度というわけではありません。あくまでも「目安」と考えた方が良いです。

それでも、一般向けのウエアラブルデバイスとしてトップレベルの性能であると言えるでしょう。つまり、その他のウエアラブルデバイスを見ても、科学的な測定機器のように高精度で測れるものはありませんし、通常はそこまでの精度を必要としていないことがほとんどです。

Apple Watchの計測精度を上げるための方法は、後述します。

Apple Watchの安静時消費カロリーとアクティブエネルギーとは?

安静時消費カロリー(基礎代謝量)

意識して身体を動かさなくても消費しているカロリーのことを基礎代謝量と言います。Apple Watchでは、これを「安静時消費カロリー」と呼んでいます。

例えば、人間は身体を一定の体温に維持するために発熱していますし、意識していなくても体内の様々な臓器が活動し、食べたものを消化したり、呼吸をしています。

このような生命維持に必要で、無意識に行われている活動で消費されるカロリー(エネルギー)が安静時消費カロリーです。

アクティブエネルギー

前述のように安静時消費カロリー(基礎代謝量)は人間の生命維持のためのベースとなるものです。それ以外の意識して身体を動かすなどの運動をすることにより消費するカロリー(エネルギー)を、Apple Watchではアクティブエネルギーと呼んでいます。

したがって、以下のような関係になります。

「安静時消費カロリー」+「アクティブエネルギー」=「総消費カロリー」

ダイエットして脂肪を落としたい場合は、この「総消費カロリー」が食べ物・飲み物などの摂取による「総摂取カロリー」を常に上回るようにします。

「総消費カロリー」>「総摂取カロリー」

運動量を増やせばアクティブエネルギーは増え、筋肉が増えれば安静時消費カロリーも増える傾向にあります。しかし、運動する時間や関節や筋肉への負担を考えれば、「総摂取カロリー」をある程度減らす方が簡単なことが多いです。

Apple Watchの消費カロリー計測精度を向上させるには?

以下の3つのポイントを押さえておけば、Apple Watchの計測制度を向上させることができます。

個人情報に常に最新の情報を反映する

Apple Watchは、身長、体重、性別、年齢などの個人情報を参考にして消費カロリーを計測しています。特に変化しやすい体重に関してはマメに設定を変更していないと、正確な計測ができなくなります。

設定を変更するには、iPhoneでApple Watch Appを開きます。「マイウォッチ」>「ヘルスケア」>「ヘルスケァプロフィール」の順にタップし、編集できます。

「手首検出」をオンにする

「手首検出」がオフになっていると、スタンドの通知が届かず、Apple Watchでスタンドの進捗を追跡できなくなります。つまり、Apple Watchをつけている手首からの情報が正確に確認できないのです。

設定を変更するには、iPhoneでApple Watch Appを開きます。「マイウォッチ」をタップし、「手首顕出」がオンになっているか確認してください。

心拍数の計測精度を上げる

ワークアウト App を使う際、心拍数の計測精度を上げるには、Apple Watchを手首にピッタリとフィットするように付けてください。心拍センサーが肌に触れるようにします。これが非常に重要です。

普段時計を付ける方は、手首に負担にがかからないように、ゆったりと付ける方が多いかもしれません。しかし、Apple Watchをその感覚でつけていると正確に計測できなくなります。

そのため、少しキツいぐらいで付けてください。それでも手首の負担が軽減できるようにシリコンバンドを推奨バンドとしているようです。

ワークアウトを使う

何か運動する際に適切なワークアウトを設定するようにしましょう。

冒頭で述べましたように、「どのような動き・運動をしているのか?」をしているのかを手首に装着しているApple Watchが判断することに難しさがあります。いろいろな運動メニューが用意されているワークアウトアプリを使うことで、「どのような動き・運動をしているのか?」という情報をインプットできるわけですので、これは計測精度の向上に大きく役立ちます。

Apple Watchではワークアウトをタップしなくても自動で判断し、計測をしますが、少しタイムラグが出ること、活動内容によっては消費カロリーを正確に計測ができないこともあります。特に、激しい運動をされる前にはワークアウトを自身で設定することをお勧めします。

如何でしたか?今回はApple Watchのカロリー消費についてご紹介させていただきました。

実用上十分な精度でカロリーの計測ができますので、健康面を改善したい方やダイエットしたい方などにおすすめです。活用しましょう!

Apple Watchのムーブゴールの目安についてこちらの記事で紹介しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました