MacBook最初にやること!付属品の確認とセットアップ!

MacBook MacBook

欲しかった新品のMacBookがようやく手に入って、これからセットアップして使い始めようとする時は、本当にワクワクしますね!

長年MacBookを使ってきたユーザーも、初めて使う方も、最初にどのようにセットアップするべきか悩むかもしれません。

あるいはあまり深く考えず、とりあえずセットアップして使い始め、そのままの設定で使っている方も少なくないでしょう。

MacBookをより使いやすくする設定を紹介します!

MacBookを買って開梱したら付属品を確認する

きれいな白い箱に入ったMacBookを開けると、中からあの洗練されたデザインの本体が出てきます。

この段階で、まず付属品が間違いなく同梱されていることを確認しましょう。さらに本体および付属品に傷が付いたり、破損していないか確認しておくと安心です。

Appleストアで購入した場合は、新品を開梱した時点で付属品が足らなかったり、傷・破損などがあれば新品と交換してもらえるはずです。

最近はブログなどで「開封の儀」ということでパッケージを開けるところからビデオ撮影し、公開している人もいますが、このように動画で記録に残しておくと、初期のトラブルがあった時に助かる可能性が高いです。

動画は難しいという方でも、スマホで写真撮影する程度であれば簡単と思いますので、記録に残しておくことをオススメします。

MacBookのセットアップ!おすすめの初期設定

こちらの5項目を購入後、最初に設定すると、非常に使いやすくなります!設定は簡単です!!

Dock

Macのパソコンには、Dock(ドック)という便利なショートツールが備わっています。デスクトップ画面下にある、帯状のアプリ一覧のことです。スマートフォンのアプリのアイコンと同様のものが並んでいます。

実はこのDockを隠すことができます。隠す設定にすると、デスクトップは広く使えるようにできます。

隠すと見た目もスッキリしますし空間を有効活用できるので非常におすすめです。

Dockが無くなるわけではなく、カーソルを画面下に持っていくと出てくるので、Dockの使い易さはそのままですのでご安心下さい!

設定方法は、「設定」→「Dockとメニューバー」→「Dockを自動的に表示/非表示」をチェックするだけです。

キーボード

キーボードについては、初期設定のまま使っている方も非常に多いです。初期設定で使っていても全然問題ないですが、少し設定を変えるだけでかなり使いやすくなります。

手順方法は「設定」→「キーボード」→「入力ソース」。「入力ソース」画面で下記項目の選択ができます。

「キーのリピート」「リピート入力認識までの時間」

これはキーボードを押し続けた時に、どれくらいの速さでリピートに反応してくれるかというものです。削除キーとか、キーを連打する時の早さのことです。

こちらを設定で「速い」「短い」に切り替えるだけで、削除キーの連打が速くなるので、使い易くなります。

トラックパッド

トラックパッドでは、2つのおすすめ設定があります。

設定方法
「設定」→「トラックパッド」→「ポイントとクリック」の画面で下記項目の選択ができます。

「タップでクリック」
初期設定ではトラックパッドをグッと押さないとクリックできないのですが、タップするだけでクリックできるようになります。

「軌跡の速さ」
こちらを速いにすると、画面のカーソルのスピードが速くなり、少しの動作でカーソルを広範囲に動かせるようになります。

カーソルを動かしていると、トラックパッドの端まで行ってしまい、また指を戻すといったことになることがあります。これらの設定を調整すると、格段にトラックパッドの操作が楽になります。

ディスプレイ

ディスプレイは、解像度を変更できます。

設定方法は「設定」→「ディスプレイ」の画面で下記項目を選択できます。

こちらの「スペースを拡大」を押すと、MacBookの画面上を広く使えるようになります。デスクトップ上のそれぞれの項目が小さく表示され、その分他のものを置けるようになります。

日付と時刻

設定方法は、「設定」→「日付と時刻」→「時計」の画面にて、24時間表示にして、曜日を表示、日付を表示の両方とも表示にします。そうすると、何月何日の何曜日の何時ということがデスクトップ上部のメニューバーに表示されるようになります。

このように設定することで、常に日付や時間を確認できるようになります。

以上、MacBookをより使いやすくする初期設定の5項目をご紹介しました。初期設定のままでも十分使いやすいMacBookですが、少し設定を変えるだけで格段に使いやすくなります。

是非、お試し下さい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました