iPhoneの充電器が熱くなる原因と対処方法!純正の充電器を選ぶべき?

iphone iPhone/iPad

iPhoneの充電器は、充電中になぜ熱くなるのでしょうか?

充電器が熱くなる原因は、充電器そのものにある場合もありますし、使い方にある場合もあります。これらの原因と対処方法について解説します。

iPhoneの充電器が熱い!原因は?火事になる?

使い方に原因がある場合

ここでは使い方に原因がある場合について解説します。

【充電しながらiPhoneを使用する】

iPhoneを充電すると発熱します。これはリチウムイオンバッテリーに充電する効率が100%ではなく、充電するためにバッテリーに送り込まれた電気エネルギーの一部が熱に変わるためです。

そもそも充電効率が100%などというリチウムイオンバッテリーはありませんので、iPhoneに搭載されているものが品質が低いわけではなく、むしろ高品質・高性能のバッテリーが搭載されています。充電式の電池ならば必ず充電時に発熱するということです。

もちろんこのような特性を考慮して設計されていますので、充電時に発熱しても問題はありません。

リスクが高いのは、充電しながらiPhoneを使用するような使い方をする場合です。これもそれほど負荷が高くない使い方ならば気にするほどではないのですが、動画を長時間見続けるような使い方をすると、プロセッサや送受信の電気回路がフル稼働しますので、これらの部品からの発熱量も多くなります。

さらに多くの人がiPhoneにカバーを装着していますが、これにより放熱が妨げられると充電による発熱とともに全体の発熱量が多くなり、十分にその熱を外部に発散できなくなります。これによりiPhoneも充電器も熱くなります。

【熱くなる場所に放置する】

またiPhoneおよび充電器が直射日光に当たっていたり、熱くなる場所に放置されているともちろん温度が上昇してしまいます。特に炎天下の車のダッシュボード付近などは高温になることが知られていますので、放置することは厳禁です。

このように正常な範囲での使い方・充電方法であれば、火事になることは考えにくいです。しかし、それ以外の要因によりiPhoneの温度が上昇するようであれば注意が必要です。

充電器に原因がある場合

充電器に原因がある場合について解説します。

【劣化・破損した充電器を使う】

もっともありがちなのは、経年劣化した充電器を使うことです。特に充電器のケーブル部分は劣化しやすいです。ほぼ毎日ケーブルを巻いたりしていると、徐々にダメージが蓄積し、内部で断線したり、被覆が破けたりすることがあります。

感電・漏電の危険もあります。iPhoneのケーブルに限らず、通常の延長ケーブル(OAタップのケーブル)なども同様で、基本的には消耗品と考えた方が良いです。充電器が熱くなるようであれば、劣化の兆候と考えてチェックし、必要があればケーブル部分を交換した方が良いでしょう。

目で見てケーブルや充電器が破損しているようであれば、非常に危険ですのですぐに新しいものに交換しましょう。

iPhoneの充電器が熱くなる場合の対処方法

iPhoneの充電器が熱くなるようであれば、対処方法を検討しましょう。

前述のように、まず充電中にiPhoneを操作するのはやめましょう。充電する時は充電に集中させてあげましょう。

次に、充電器とそのケーブルをチェックし、破損していないことを確認しましょう。ある程度以上劣化しているようであれば、早めに新しいものに交換するのも良いです。

またコンセント付近のホコリにも注意しましょう。水回りであれば水が付着しないかも大切なポイントです。

コンセントに充電器がしっかり差し込まれているのかどうかも重要です。それも良くないのでアダプタはしっかり奥まで差し込むようにしましょう。

前述のように充電中は直射日光の当たるような場所や温度が高くな場所も避けましょう。

iPhoneの充電器は純正を選ぶべき?寿命は?

このようにiPhoneの充電器はいくつかの理由で熱くなりますが、買い替えるならば純正品の方が良いのでしょうか?

結論としては、純正品が最も信頼が置けることは間違いないです。電圧をかけ、電流を流す部品ですので、安全上のことを考えても純正品は安心できます。

しかし、純正品以外でも信頼性の高いメーカーの製品もあります。例えばAnker製は、使用している方も多く、定評があるので安心して利用できます。

HDMIケーブルでiPhoneの画面をテレビに映せない時の対処方法についてこちらの記事で紹介しています。

まとめ

iPhoneを充電すれば、iPhone本体と充電器は温度が上がります。これも正常な範囲であれば問題ありません。iPhoneと充電器がまだ新しい状態の時に、手で触ってどの程度まで温かくなるのか確認しておくと、異常な発熱に早く気がつけるかもしれません。

いずれにしても電圧をかけ、電流を流す製品は、劣化に注意して正しく使用しましょう。

MacBookの充電器の代用品についてこちらの記事で紹介しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました