テンピュールのクッションを使ったので口コミ・レビュー紹介します!

テンピュール ライフ

最近は在宅勤務でパソコンを長時間使用することが増えました。椅子が硬過ぎてお尻が痛くなったので、「テンピュールMEDケアクッション」を使い始めました。

使ってみたら本当に快適で、もはやこれ無しでは辛く感じるようになったほどです。テンピュールはクッションだけでなく、枕やマットレスで定評があるメーカーですが、このような製品は性能・品質が大切であるということがよくわかりました。

正直なところ少々高いと思いましたが、毎日長時間使用し、何年も使えるものですので、身体のことを考えると良いものを選ぶということは価値ある投資になります。以下に紹介します。

テンピュールのクッションの口コミ・レビュー!

「テンピュールMEDケアクッション」を使っています!

インターネットで注文できます。届いたパッケージ箱を開けると、このようにビニール袋に包まれています。

テンピュール
こちらは以前購入して、2年程度使用したものです。このように椅子の上に置いて使用しています。

テンピュール
テンピュール

座り心地が最高!

「幅40×奥行40×厚さ5cm」というサイズで、リビングの椅子の座面に置いて使っています。身長175cmの私が座っても、幅40×奥行40という大きさはちょうど良いです。身長180cm程度の方ぐらいまでは、十分な面積があるでしょう。

厚さ5cmというのも、クッションとしてはかなり厚いでしょう。それだけに抜群の座り心地です。なぜならばお尻の形に合わせて変形し、沈み込める深さがあるということで、体重をしっかり受け止め、分散して支えるからです。

このクッションの中身の素材が、テンピュールの特徴であり、技術を結集したものです。テンピュールの枕、マットレスなども、体重を分散して支えるために研究し尽くされたもので定評があります。そのテンピュールが作ったクッションなので納得です。

安定して身体が楽!

リビングの椅子の場合、座面が平面ではないことが多く、その上にクッションを置いた時に、薄いクッションでは座面に合わせたような曲面になります。それが座り心地がよい形ならば良いのですが、ほとんど場合そうではないでしょう。

「テンピュールMEDケアクッション」であれば、厚さが5cmもあり、体重を受け止めてお尻の形に合わせて変形しますので、姿勢が安定します。作業中は少々前重心になることもあるのですが、その時もその態勢に合わせてクッションが変形して支えてくれます。

お尻も痛くなりにくいので、お尻にも良いでしょう。

汚れにくく、メンテナンスしやすい

テンピュールには、「シートクッション」というオフィスチェア用の製品がありますが、「テンピュールMEDケアクッション」は、車椅子や日常のケア用に開発されたものです。ポリウレタンの防水加工を施されていますので、汚れにくく、何かをこぼしても拭き取りやすいです。カバーを外して洗濯することもできますので、メンテナンスもしやすいです。

日常的に長期間使用できるものですので、汚れに難さやメンテナンスのしやすさも案外重要です。さすがに介護用を想定して開発されただけのことはあります。

テンピュールのクッションのデメリットは?

テンピュールのクッションのデメリットは、価格が高いことでしょう。楽天市場でクッションを検索してみただけでも、5,000円以下のクッションは多数あります。それだけに1万円を越える「テンピュールMEDケアクッション」はかなり高いクッションです。

例えば以下のような安価な低反発のクッションもあります。この製品を実際に試していませんので、どのような使い心地なのかわかりません。いずれにしても何も使用しない場合よりは、何らかのクッションを利用した方が良いでしょう。


テンピュールのクッションのどれを選ぶ?

テンピュールのクッションには、「テンピュールMEDケアクッション」の他に、前述のように「テンピュールシートクッション-S」と「テンピュールシートクッション」があります。基本的には中身のテンピュールの素材は同等の性能を持っていると考えられますので、どれを選んでも良いでしょう。

長時間デスクワークするために作られたオフィスチェアであれば、もっと疲れないのですが、リビングの通常の椅子で長時間座ってデスクワークするのは辛いです。良いクッションを使えば身体にも良いです。

私は、数年前に亡くなった父から「テンピュールMEDケアクッション」を譲り受けて使用していて、その良さをわかっていましたので、同じものを家族のために購入しました。

「テンピュールシートクッション-S」を選ぶ場合は、少しサイズが小さいので注意しましょう。

まとめ

「テンピュールMEDケアクッション」について、口コミ・レビューを紹介しました。毎日長時間・数年間利用できるものですので、良いものをおすすめします。

Kindle Paperwhiteのレビューについてこちらの記事で紹介しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました